スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トヨタDOGサークル」は「HONDADOG」を凌駕するか?

みなさまもご存知の通り、
2012年10月2日に国産車最大手TOYOTAから
犬サイト「トヨタドッグサークル」がオープンしました!
トヨタドッグサーくる

あのトヨタも愛犬家を無視できなくなったのでしょう。
確かに車離れが叫ばれる昨今ですが、
都心でも愛犬家の車保有率は高い気がします。

わんこ飼うと行動がある程度制限されるので、
個人での長距離移動手段を持つとわんこライフの
バリエーションが広がるというものです。

各社、愛犬家を制するもの販売を制するという心意気の現れでしょう。
(↑言い過ぎ)

わんこと車の親和性にいち早く気がついたのはHONDA。
皆さんも一度はご覧になったことがある「HONDADOG」です。
ホンダドッグ
わんこに優しい高速道路サービスエリア情報やお出かけ情報など
魅力的なコンテンツがいっぱいです。
私も旅行計画を立てる時よくこのサイトの情報を参考にしてます!!
北海道旅行もこのサイトの影響です。
入船!
津軽海峡フェリーで北海道へ
ドッグルームに閉じ込められる
たるん隊に檻の中は無理でした。※ペットルームなら上記写真のケージに入れなくてもOKです。


また、「わんこにやさしいクルマ」や「わんこディーラー」などの
さりげないホンダの宣伝コンテンツもあります。
正直「わんこにやさしいクルマ」を見てみても
ホンダ車がわんこにやさしい特別な装備をそなえているわけではありませんが、
わんこの事を気にかけているなぁ〜〜という企業イメージにはなりますよね。


さて、トヨタドッグサークルですがサイト立ち上げ当初は
まだ出来上がってないコンテンツ多く、出来上がってるコンテンツも
「イヌにやさしいクルマ」「イヌにやさしいSA・PA」など
二番煎じ臭のするホームページでした。

そういったわけで1度見て放置してましたが、
そこは世界の大企業トヨタ、Webをやっているとそこら中にバナーがあります(笑)

バナーにつられてみるとなかなか興味深いコンテンツがありました。
イヌの熱中症
イヌの熱中症について



車温度
4月の車内の温度。
この日は外気温が最高23度にもかかわらず
車内温度は14時に48度
になっていることが分かります。

この調査はキャバリア祭りを開催した道満グリーンパークの駐車場で行ったそうです(笑)
(見にくいので詳細はトヨタドッグサークルで)

わんこアンケート
わんこ飼いアンケートでは4月に熱中症に気をつけると感じている人は
全体の33.8%と意識が低い事が分かりました。(トヨタがやった調査はここ)
上の車内温度の調査はJAFが行ってます。


私でもこの内容のアンケートはできる様な気もしますが、
独自のアカデミックな調査も入れて、
ポップな内容のホンダドッグと差別化をはかるようです。
その他、イヌとカーライフを充実させるためのQA集もあり、
なかなかのボリュームのあるサイトとなっています。

今後もドッグサイトとしてトヨタとホンダと、切磋琢磨してほしいものです。
ちなみに両サイト、トヨタは「イヌ」、ホンダは「わんこ」と犬の名称が統一されてます。
(日産も参戦して!!)

残念なのが「暮らしに役立つイヌ関連施設」のペットと泊まれる宿ですが、
イヌ関連施設
内容が受け入れの可否(大型?中型?小型犬?)や
ペット専用お風呂、ペットと入れるお風呂、ドッグランの有無しか書いておらず、

・何頭まで受け入れるのか?
・1頭あたりの宿泊費は?
・食事は一緒にできるのか?
・ペットと同室で宿泊できるのか?

などの詳細情報がないのが残念でした。
リンク先の宿の公式HPによっては、
ペット用の宿泊部屋があるだけで人間の宿泊部屋はペット不可だったり
そもそもペット同伴についての記述がなかったりするものもあり、
ペットの受け入れ姿勢が分かりにくい気もします。

JTBの情報をそのまま載せているだけなのでホンダスバルなどの
独自の宿特集も今後は期待します!
※スバルに関しては「ペット大好き!」サイトの1コンテンツのため
スバル公式HPではありません。


いつも思うのですが、
・カフェのテラスのみペット可とか
ペットは別部屋のペット可の宿とか、
犬1匹まで受け入れ可とか
小型犬(10キロ以内)のみ宿泊可なんて・・・・(以下自主規制)


ともかく、これからも国産メーカーからわんこ情報が定期発信する事を
期待致します!
そのうち愛犬家専用の車が開発されるような日が来れば、
とっても面白いですよね。



IMG_0324.jpg 
もっと努力するでしゅよ。。。でちよ。。。でぷよ。。。





QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。