スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中尊寺・番外編】800年の刻を越えて〜たとえいつか別れても、またキミに会える

中尊寺は若い頃、青春18きっぷで行った事があります。

その時、私はこの蓮のエピソードに大変感激しました。


蓮の記事 


800年の眠りから覚めた一輪の蓮。

私は尊敬してやまないミュージシャン・平沢進の「Lotus」の

歌詞がリンクしました。



「Lotus」

作詞/作曲 平沢 進 

You tube : http://www.youtube.com/watch?v=B-sMzNEd7EE
↑音量注意です

かたくなに夜は来て はるか道の上
キミがまだ歌うとき 胸は急いでゆく

変わらない物を尋ね 明日は生きる日と
あの日から見えていた キミに咲くロータスよ


とめどなく夢に見る まだ見えぬ場所へ
夜をまたくぐる時 キミは生まれていた

人知れず道に降る 雨の水に似て
キミがまだ眠るとき 夢に咲くロータスよ


キミはまだ眠り深く 夢見て見晴らす
あの日から見えていた 君に咲くロータスよ



キミはまだ眠り深く 夢見て見晴らす

かたくなに夜に住み キミの夢を見る
変わらない人を訪ね 道に迷うよりも


終わらなく届く声 遥か道の上
キミがまだ歌うとき 花は急いで咲く


かたくなに夜に住み キミの夢を見る
変わらない人を訪ね 道に迷うよりも

終わらなく届く声 遥か空の下
キミがまた歌うとき 胸に咲くロータスよ

あの日から見えていた キミに咲くロータスよ



※著作権上問題ありますので何かありましたら削除します。

中尊寺の蓮 


エルメ・ラデュレ・エヴァン、

たとえ別れがきたとしても、いつかまた廻り合うと信じてるからね。

中尊寺とたるん隊





QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。