スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギーについて考える

こんばん・・・ふぁっくしょい!トリダンナです。

 

エルメ「どうしたんでしゅか?」

100303_P1040606.jpg

 

今年もスギ花粉の季節がやってきたんだよ。

パパは鈍感だから大丈夫!と思っていたら30歳を超えてから

毎年毎年だんだんスギ花粉症が酷くなってきたんだよ。

 

エルメ「なんで花粉症って起きるの?」

 

簡単に言えば「異物に対する体の過剰反応」なんだよね。

キャバリアブログにトリダンナが参入して1ヶ月あまりで

我慢できず怒ってしまう事とよく似ているかもしれないよ。

 

エルメ「全然判らないでしゅ」

 

アレルギーを理解する時に最低限、重要なキーワードは3つあるよ。

少し難しいかもしれないけどしっかり理解して欲しいな。



 

1:IgE抗体

IgE抗体イメージ ※イメージです。

血清蛋白のグロブリンの1つであるγ-グロブリンは免疫に関与していることから

免疫グロブリン(Ig)と呼ばれ、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5つが知られている。

IgEはアレルギー反応に関与しており、IgEに対抗するIgE抗体が体内で増加して

アレルゲンと結合すると多彩なアレルギー症状を引きおこすことになる。

特定の物質に対するIgE抗体を測定することで、

アレルギーの原因物質(アレルゲン)を調べることができる。(gooヘルスケアより引用) 




 

2.肥満細胞

肥満細胞 ※イメージです。

哺乳類の粘膜下組織や結合組織などに存在する造血幹細胞由来の細胞。

肥満細胞はIgEを介したI型アレルギー反応の主体である。

肥満細胞の中にはヒスタミンをはじめとした各種化学伝達物質(ケミカルメディエーター)があり、

細胞表面に結合したIgEに抗原が結合しその架橋が成立すると、

それがトリガーとなって細胞膜酵素の活性化がうながされ、

結果的に内容物である特異顆粒、すなわちヒスタミンなどが放出される(脱顆粒)。

(wikiより引用)





3.ヒスタミン

ヒスタミン ※だからイメージだっつーの

肥満細胞に高濃度に存在する活性化アミン。

ヒスタミンが過剰に分泌されると、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と

結合してアレルギー疾患の原因となる。(wikiより要点のみ大幅改変)






エルメ「う~~ん、なんだか判らないでしゅ」


 

でもアレルギーを理解するには最低限この3つを理解していないと・・・

 

3つを理解した上で、平たく言うと、

 

アレルギーの原因物質(スギ・食物・ハウスダストその他)が入ってくると

IgE抗体が過剰に反応して、多くの肥満細胞を脱顆粒させるんだよ。

脱顆粒を起こした肥満細胞から多くのヒスタミンが放出されて

ヒスタミンの受容体(体内のスイッチ)と結合することにより

「体から異物よ出て行け!!」といった感じで鼻水やらクシャミが出てくるんだよ。

(※脱顆粒・・・肥満細胞が破裂し、肥満細胞内のヒスタミン等がばら撒かれること。)

 



ほら、3つのキーワードを理解しているとこの文章がすんなり読めるでしょ?

 

このヒスタミンの受容体にヒスタミンが結合しないようにするのが、

よくお医者さんで処方される花粉症のお薬なんだよ。

最近ではIgE抗体そのものを抑える薬も出たみたいだね。

 

でも一番アレルギーを防ぐ方法はなんだか判るかい?

 

エルメ「なんでしゅか?」

201002102321081ae.jpg 

 

アレルギーの原因となる物質を体に入れないことなんだよ。



だからもし仮に食物アレルギーだというなら、

無農薬などの食事そのものの安全性に気をつかうより前に、

"何がアレルギーの原因なのか、鳥なのか?牛なのか?豚なのか?"を

調べる事がより優先順位が高いとパパは思うんだ。

(※あくまでトリダンナの主観ですが、少なくともアレルギーの世界では一般論かと)

 

例えば鳥のアレルギーの人に無農薬の鳥を食べさせたところでアレルギー反応はでると思うんだ。

(↑個人差はあると思いますが一般的に)

 

もちろんその検査の精度がどの程度なのかはパパには判らないけど、

少なくとも陽性反応が出る食物は避けたほうが無難だという指針にはなるよね。

 

【注意】!決して「無農薬の食品」の否定をしているわけでありません!【注意】

うちも無農薬の食品をなるべく与えてます。

あくまで自分の周囲の「犬」でなく「人間」でのお話をベースにしていますので、

自分のことを非難されたのかな?等の勘違いはくれぐれも止めてくださいね!!

こういったセンシティブな話題をすると必ず関係ない人が怒る(釣れる?)

傾向があるので事前に補足をしておきます。

 

パパの場合、スギがアレルギーの原因物質だから

「外に出ないこと」が一番の安全策なんだよ。

 

だからお外でお仕事に出かけることは本当に危険な行為なんだよ。

だから暫く自宅待機することにするよ。






 

トリオクサン・エルラデュ「働け、このボケ。」

091124_1.jpg 

 

スギ花粉の同志達よ、暫くストライキしよう!!(笑)

 

ブログ村ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ 
↑ポチっと一票!

 

スポンサーサイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。